07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

TPPの弊害

2013年08月26日
「民業圧迫」と郵政批判してきたアフラック かんぽ生命と提携拡大のご都合主義

記事抜粋
日本郵政と国内がん保険最大手のアメリカンファミリー生命保険(アフラック)が、業務提携を大幅に拡大することで合意した。日本郵政は現在も約1000の郵便局でアフラックのがん保険を販売しているが、2万局に及ぶ全国のすべての直営郵便局(運営を委託する約4000局の簡易局を除く)でがん保険を売る。

アフラックは国が100%株主の日本郵政傘下のかんぽ生命保険の事業拡大に対し「民業圧迫」と批判してきたが、手の平を返すように2万局の「圧迫装置」に乗っかる形。「図らずもアフラックのご都合主義を露呈した」と見る向きもある。

--------------------------------
そんな向きは聞きませんね?
コレって、TPP交渉の一環であって政策の一つですよね?
ココを折れたぶん、こっちは(お米)譲歩しろというバーター取引であって、アメ保のご都合主義ではないです。
むしろマスコミが事前にその様な記事を書いて、収まりやすくしたんじゃないんですか?

その辺の裏事情をもっと書いて欲しかったですね。

ぬるすぎます! ジャーナリストよ (ぁ
政治経済 | トラックバック(0)
 | HOME |