05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

2月は如月(きさらぎ)

2010年02月20日
最近の東京地方はとても寒くて、木曜の朝なんかも窓に結露できて凄かったです。

ふと外を覗いたら、屋根屋根が真っ白で一面銀世界。

まるで雪国。

雪国旅行の旅先で目覚めたんだな?と思えば、ただで旅行できた?

そんな少しお得な気分を味わえた朝でした。(笑


実は、今日2月20日は外務省が勝手に制定した(ぁ 旅券の日だそうで

強引に旅行つながりの書き出しといたしましたが、ま、許せw

水戸の偕楽園の梅祭りも始まるとか、関東近県なら日帰りバスツアーとか良いのかも、、、?



ところで、、、     
1月 2月 3月 の事を、睦月 如月 弥生 と言いますが、これは旧暦の事。


今日2月20日は、旧暦の1月7日だそうで、まだ松の内だったんですね。

1月7日と言えば、そう、春の七種(七草)。

この日は七草粥を食べる風習がありますね、我が家のお正月も毎年の恒例行事となっておりますが、

七草粥の風習は、おせち等で疲れた胃を休めるために有る! などと言われがちですが、、、 

調べたところ、実はこれ、人日(じんじつ)の節句と言って五節句の一つだそうです。



古来中国では、1月1日は鶏、2日は犬、3日は猪(豚)、4日は羊、5日は牛、6日は馬の日として

それぞれその日はその動物を殺さない日とし、7日は人の日(人日)として、犯罪者に対する死刑は行われなかった。

そしてこの日は、7種類の野菜(七草)を入れた羹(あつもの)を食べる習慣があり、これが平安時代に日本に伝わったとされています。

江戸時代には、江戸幕府の公式行事となったとされています。

また、この日は新年になって初めて爪を切る日ともされ、七種(ななくさ)を浸した水に爪をつけて切ると、その年は風邪をひかないと言われていたらしいです。

だったら今日は、ネールサロンに行ってお洒落するとか? (笑


そういう事で、本来の意味の如月は、今年は3月16日-4月13日(旧暦2月1日-2月29日)が相当すると言う事です。

冒頭、「お雛様」の画像を貼っていますが

有名な桃の節句は、今年は4月16日に相当するようです。

現代ならあと2週間程度で「お雛様」なのですが、実はまだまだずいぶん先の行事だったんですねー。


近年の桜はその頃には散ってるとかありますから、

その事からも当時と現代とではずいぶん温暖化が進んだと言えるのでしょうね。


なるほどこれなら、朝起きた時の景色が一面銀世界だった時、

雪国旅行の旅先で目覚めたんだな?と少しお得な気分を味わったとしても

これは、なんら変態じゃないな。(爆
日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
勉強になりました
旧暦と現代の暦ではだいぶ違うんですね
詳しい説明ありがとうございます
とても勉強になりました
ところで近年では今年はとても雪が多く感じます
このまま温暖化もすすまないといいですね
Re: 勉強になりました
> 旧暦と現代の暦ではだいぶ違うんですね
> 詳しい説明ありがとうございます
> とても勉強になりました
> ところで近年では今年はとても雪が多く感じます
> このまま温暖化もすすまないといいですね

そうですよね

今年は雪が多いですね^^

ちょっとお得な気分です^^

管理者のみに表示