09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

竹田恒泰氏の発言を真摯に解釈すべきと思う

2014年02月10日
竹田恒泰氏「五輪選手が予選落ちしたのにヘラヘラと『楽しかった』はあり得ない。思い出づくりのために国費を出しているのではない」

この発言が波紋を呼んでいる。




捻じ曲げた解釈がまかり通ってはいけません。

武田氏は、コメントが下手だと言ってるだけです。

TVを見ている日本人が 「良くやった」 と称えてくれる様な

つまり共感できるようなコメントをもっと考えろと言ってるのです。



すでにスノーボード男子スロープスタイルの角野友基選手(17)や、フリースタイルスキー女子モーグルの上村愛子選手(34)は表彰台を逃したものの、国内ではスキー・ジャンプ女子の高梨沙羅選手(17)ら注目選手のメダル獲得をはじめ、日本選手団の活躍に期待感が高まっている。
そうした中、明治天皇の玄孫で日本オリンピック委員会(JOC)会長・竹田恆和氏の息子でもある竹田恒泰氏が8日、ツイッターで口を開いた。

そこでは、「メダルを取る可能性がある日本選手」へ宛てて、2点の注文をつけている。1点目は、オリンピックでおなじみの光景となっている「メダルを噛む」行為をしないよう求めるもので、「品がない上に、メダルを屈辱することになる(原文ママ)」と言う。2点目は、国歌が流れる際には「聴くのではなく歌え」というもの。また「日本には国歌斉唱時に胸に手を当てる文化はない」とした上で「直立不動で歌うこと」と追加で注文をつけた。

さらに竹田氏は、選手のコメントについても物申す。「予選落ちしてヘラヘラと『楽しかった』などと語った選手」を問題視し、負けた際のコメントとして「思い出になったとか、楽しかったなどはあり得ない」としている。選手の発言くらい自由でいいのでは、との反論には「日本は国費を使って選手を送り出してます。選手個人の思い出づくりのために選手を出しているわけではありません」と返す。実際、選手1人あたりにどれほどの「国費」が使われているかは不明だが、竹田氏は「国費」に重きを置いているようで、仮に自身が国費で何かする場合には「成果が出せなくて、いい思い出になりましたなどとは、絶対に言わない」とも話している。



一連の発言は口調こそ「命令的」のものが多いものの、あえてツイートした背景には「世界の舞台で活躍するアスリートには、日の丸を背負った自覚をもって、立派に振る舞って欲しい」との思いがあってのことだという。インターネット上では「おっしゃる通りですね」「あのメダル噛むのみっともないよなあ」「国の代表だからなこれは正論」と賛同の声がある。

だが、その一方で「楽しかったと言った人が努力してないと決めつけるのは如何なものか」「『負けて申し訳ありません』なんて言われたら、スポーツは選手と国民の間の義務感と圧力の交換でしかなくなってしまう」などと反論も寄せられている。「ニューズウィーク日本版」元編集長の竹田圭吾氏も「選手はお国のために競技しているわけではありませんよ」と疑問を呈すなど、波紋を呼んでいる。

---------------------------------------------
>「楽しかったと言った人が努力してないと決めつけるのは如何なものか」
武田氏は、そんなこと言ってませんし、決めつけていません。


>「『負けて申し訳ありません』なんて言われたら、スポーツは選手と国民の間の
>義務感と圧力の交換でしかなくなってしまう」
イミフです。
「負けて申し訳ありません」と頭を下げろとは一言も言ってないです。


これらは、
当然のことができない人が当然の事を求められた時に逆ギレしてるだけの幼稚な屁理屈でしかないです。

武田氏は、
コメントが下手だと言ってるのです。

競技するのは個人なのだから個人的な思い出はその人にとっての宝物でしょう。

ただ、TV用のコメントを

もっと考えろと言ってるのです。



政治経済 | トラックバック(0)