05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

体操日本女子はピカチュウ??

2016年08月12日
  どう見ればピカチュウなんだww

ポケモンGO!がブレイクしてる影響かも知れないけど。。。

リオデジャネイロ五輪の体操女子団体総合のテレビ中継で、日本選手を人気アニメ・ゲーム「ポケット・モンスター」の人気キャラクター「ピカチュウ」に例えたフランス人解説者の発言に、「人種差別的だ」との批判が寄せられ、謝罪と釈明に追われる事態になっている。

仏メディアによると、矢面に立たされているのは仏国営「フランス2」でゲスト解説を務めたトマ・ブーアイ氏。2008年北京五輪の体操男子種目別跳馬の銀メダリストで、フランス代表チームの監督を務めたこともあるという。

ブーアイ氏はチームメートと抱き合って喜ぶ日本選手の様子を見て、「まるでアニメを見ているみたい。そこら中に小さなピカチュウがいるようだ」と発言した。

放送直後からインターネットの会員制交流サイト(SNS)などで視聴者から苦情の声が上がり、公的メディア監督機関の放送高等評議会(CSA)に2件の批判が寄せられた。苦情や批判の根拠は不明だが、ピカチュウの体が黄色いことから、黄色人種に対する差別と過剰反応した可能性がある。

CSAはすでに調査を始めているというが、ブーアイ氏は11日までに、「もし私の発言が誤解され、誰かの感情を害したのならば、日本の女子チームに謝る」と番組内で謝罪した。

ブーアイ氏はその上で、「(誤解されている内容は)明らかに私の意図とは違う。人種差別など、そんなことは断じてない」と強調。何度も日本を訪れ、日本チームと一緒に練習したこともあるというブーアイ氏は「私たちの間には親しみと尊敬の気持ちがある」と主張した。

さらに、日本文化に傾倒しており、体中にアジア文化に関する入れ墨を入れていることを明らかにし、「だから、日本男子が団体優勝したときは嬉しかった」と、日本を蔑視していないことを重ねて訴えた。
日記 | トラックバック(0)